マンションは貸すより売るほうがいい?貸すことのリスクとは?


マンション売却しようと思った時、賃貸として貸して家賃収入を得るという選択肢と迷う場合は多いかと思います。

毎月収入が入ってくることもあり、マンションを貸すのもなんだか得のような気がしてきますよね。

でも、貸すことはメリットだけでなくデメリットもあります。>>続きはコチラ


住宅ローン破綻・ローンが残っていても売れる!任意売却と競売の違い


住宅ローンが払えなくなりマンション売却を考える方も多いのが現実です。

この場合には、任意売却と競売のどちらかでマンションを売るということになります。

そんな任意売却と競売の違いや、任意売却を決断する時期などについて解説。>>続きはコチラ


相続したマンションは早めに売却した方がいい?手続きの流れと費用


親などから相続したマンションを自己所有しておくべきか、それとも売却すべきか、という選択肢で迷っている方も、高齢化が進んでいる今の時代では多いです。

固定資産税などの税金の解説や、相続したマンションや不動産を売却する時の手続きの流れを解説しています。>>続きはコチラ


マンション売却時の費用「契約時」に受け取れるお金と支払うお金は?


マンションを売るというと、お金が入ってくるほうではありますが、仲介手数料・印紙代など支払うべき費用もあります。

そんなマンション売却の契約時に入ってくるお金と出ていくお金をまとめておきました。>>続きはコチラ


マンション売却時の費用「決済時」に受け取れるお金と支払うお金は?


決済時には契約時にもらっている手付金を引いた金額を買主からいただくのと同時に、固定資産税の清算金・マンション管理費や修繕積立金の清算金などが受け取れます。

逆に、支払う費用としては、仲介手数料の残金・司法書士費用・印紙代・ローンの残債務などがあります。>>続きはコチラ


マンション売却Q&A


マンション売却の際に出てくるいくつかの疑問について答えていきます。

管理費、修繕積み立て金を滞納している場合は?


管理費、修繕積み立て金を滞納していてもマンションは売ることができます。その場合、滞納ていたお金はチャラになるかというとそうはいきません。新しい買い主が引き継ぐことになります。買い主の所に請求がいくんですね。

滞納していることだまって売っちゃおうなんて悪い考えがよぎった人もいるかもしれませんが、これもそううまくはいきません。

重要事項説明書というもので、買い手にきっちり説明されます。

一番きれいなのは、売却までに精算してすっきりすることですが、その分のお金がないというい方もいるでしょう。その場合は、決済引き渡しの時に、売買代金で精算することができます。相殺するということですね。

権利証をなくしてしまった場合は?


どんなに大切なものでもなくしてしまうことはあります。それが紙でできたペラペラのものならなおさら。権利証がどこを探しても見当たらないなんて人もいるでしょう。

もしかして権利証がなければ、マンションが売れない…?なんて、心配は無用です。司法書士さんが本人確認すれば、権利を移転することができます。 ※もちろん費用はかかります。

○相続登記をしていない
○住所変更の登記をしていない
○結婚で性が変わった

などの場合も決済して引き渡すときまでに、登記をし直さなければならないので、司法書士さんに連絡しましょう。

収益物件のマンション、補償金、敷金はどうする?


収益物件の場合、賃借人から補償金、敷金を預かっていると思います。このお金は、マンションを売却する際どうするのでしょう。いったん返還するんでしょうか。 返還の必要はありません。

では、決済の時に売り主と借り主で、この分のお金を精算するのか…実は、精算もありません。売買代金の中に、返還する補償金、敷金も含んだ上での決済です。

売買代金からするとたいした額ではないかもしれませんが、売リ主的には、ちょっとお得な感じがしますね。

収益物件のマンション、賃料が遅れている場合は?


賃料は、決済時に精算しますが、遅れている場合、売り主が負担しなければならないことがあります。

ある月の1日が決済引き渡しだと、その月の賃料は買い主がもらえるお金です。通常家賃は、前の月の終わりごろ納めるもの。それが遅れている場合、その分を売り主が支払う必要があります。 ※引き渡してからの家賃の滞納は、一切関係がありません。

また、引き渡しまでの滞納の分は、売り主が賃借人に請求できます。

相続の物件を売却するのは、相続前か相続後か?


相続後3年以内に売却するのであれば、相続前よりお得です。「相続税の取得費加算の特例」という制度があるからです。

これは、相続で得た土地、建物などを3年以内に譲渡した場合、相続税額のうち一定金額を譲渡資産の取得費に加算ができるんです。

相続税を不動産を売るための経費として認めてもらえるということですね。税金が経費というのもおかしな話ですが、相続後だとこの分がお得です。

どのくらいの期間で売却することができる?


買い手次第なのではっきりは言えませんが、一般的には、査定依頼をして、売買契約成立するまで2ヶ月から6ヶ月くらいといわれています。

依頼をした不動産会社に目安をきいてみましょう。

最新情報

2017-10-11 トップページを更新しました。

現代日本のマンション事情

 

マンションを高く売るための知識

 

売る理由ごとのポイント

 

知らないと損する!不動産屋業界の裏側

 

マンション売却こぼれ話

 

クレジットカード 選び方