マンション売却こぼれ話

いわくつきマンション・事故物件の場所を教えてくれるサイト「大島てる」


新聞をみれば毎日のように、怖い事件や可哀想な事件がおこっているわけで、それは、マンションなど人間の住居でも起こります。


なんか事件のあったいわくつきの場所には、普通の人なら、住みたくないものですが、家主、持ち主にしてみれば大迷惑です。


事件があったからといって、そう簡単にマンションを立て直すわけにはいきません。

その後も、賃貸物件として提供したり、販売されていたりするわけです。


ただ、いういったいわくつきの情報は、不動産屋さんでは大々的には教えたがらないもの。賃貸住宅情報誌などにものっていません。


住むつもりがないのに、不動産屋さんでそんな物件を聞き出すというのもおかしな話で、一般人が簡単に知ることが出来ないのかなぁ...と思っていたら、日本全国のいわくつき物件、事故物件をまとめているサイトがありました。


それが「大島てる」というサイト。無料で利用できます。
http://www.oshimaland.co.jp/


googleマップが利用されているようで、事故のあった場所に、炎のようなアイコンがついています。アイコンをクリックするたびに拡大されていって、最終的に場所が特定されます。
※マップ左下には、「住所検索」があるので、もっとてっとりばやく調べられます。


その場所で、何があったかということがかかれ、写真がついているものもあります。自分の近所にないか、調べてみましたが、ちょこちょこありました。結構知らないものです。


その場所が...自分の住んでいるマンションとかだと...ちょっと怖すぎますね。中には、そういう人もいるかもしれません。


「大島てる」というサイト名が、昔の人の名前みたいで、ちょっと不気味ですね。(運営会社の会長の先々代の名前のようです。)


このサイトの事故物件の定義は、殺人事件、自殺、火災などの事件・事故で死亡者の出た物件。住所、部屋番号、元入居者の死因が公開されています。


たくさんの協力者、ボランティアに支えられているサイト。他殺の場合は、新聞などのメディアから、事件情報を収集して、裁判を傍聴。起訴状の公訴事実から、住所を特定、現地で聴きこみをして、裏付けをとってのせていたりします。


かなり大変ですね。こうゆう情報が必要な人にとってはありがたいところです。


ただ、大家さん側にしてみるとあまり面白くないもの。横浜市内のマンション地権者から民事提訴され、サイトから情報の削除と謝罪広告を求められるということもあったようですが、勝訴しました。

敗訴が決まった原告の地権者からは、「50万円払うから、情報を削除してくれ」との要求をされましたが、「内容が誤っているという指摘であればもちろん訂正するが、それ以外には応じない」とつっぱねたとのこと。


お金で折れないところが信頼できますね。こうゆう情報は、公共の利益にもつながるものだと思うので、ちゃんと提供して欲しいところです。


不動産会社に、事故物件のことを伝える義務は?


相場の半額くらいで、賃貸や売却に出されていたら、当然借り手や、買い手はその理由を尋ねるでしょう。ただもし聞かれない場合、値段を下げてない場合、不動産屋さんは、事故物件の情報を、お客さんに伝えなくてもいいんでしょうか?


答えは、必ず、伝えなければいけません。不動産の売買や賃貸契約の際、事故物件は、「重要事項」として買い主や借り主への事前告知が義務づけられているんです。


告知義務を怠ると、宅建業者は損害賠償を請求されたり、行政処分を受けたりします。


ちょっと安心ですね。何かあった物件は、ちゃんと知らせなければならない...と実は、落とし穴があります。告知義務があるのは次の入居者まで。その住居者が出て、次に入居する人には、もう告知しなくてもいいんです。


ある裁判で判決が出て、それが不動産業界の通例になっているようです。


1人誰か住んだだけで言わないのは、ちょっと不公平な気もします。その部屋、家で過去に何があったのか、教えてもらえないと困ります。


悪徳不動産業者だと、アルバイトに、わずかな期間だけ事故物件に住んでもらい、あとはもう告知せず、普通の物件としてお客さんに紹介するんだとか。


これを事故物件ロンダリングというんだそうです。まさに、マネーロンダリングの事故物件版。やり方が卑怯ですね。


もっと悪質な業者だと、アルバイト雇うのももったいないので、そのまま何も言わずに紹介しちゃいます。後からばれれば、そんときゃそんときということでしょう。こうゆうケースは、結構あるようです。不動産屋さんへの信頼は、完全になくなっちゃいますが...。


また、敷地内や共有スペースで起きた事故に関していえば、基本告知義務は発生しません。マンションの屋上から...、共用廊下で...という場合は、だまっていても問題ないということです。

うーん、これも告知してもらわないと困る情報だと思うんですが...


こんな状態だからこそ、「大島てる」のようなサイトの存在意義があるんでしょうね。気になる物件は、一度調べてみましょう。


まあ、中には「過去にそのマンションで何が起きてようと、安けりゃいいよ。全然気にしない。」というワイルドな考え方の人もいるでしょうけれど。かなり少数派だと思いますが。


関連記事

あの芸能人はいくらぐらいのマンションに住んでいる?
アンカリング効果?ハロー効果?マンション売買の心理学効果
欠陥マンションの補償は?横浜の傾きマンションについても



↓不動産売却するならまず比較!




現代日本のマンション事情

 

マンションを高く売るための知識

 

売る理由ごとのポイント

 

知らないと損する!不動産屋業界の裏側

 

マンション売却こぼれ話

 

クレジットカード 選び方