知らないと損する!不動産屋業界の裏側

仲介手数料を払う価値あり?マンション売却での不動産会社の仕事


マンション売却の際、売り主が仲介手数料として不動産会社に支払うのは、物件価格の3パーセントと6万円。1000万円の物件なら36万円。3000万円なら96万円。約100万です。

毎日汗水たらして働いている人からみると、売り主と買い主をつなげるだけで、100万のもうけになるなんて、ボロ儲けのような気もします。売り主からすると、仲介手数料分、手元に入るお金が減るわけで、それだけ分の仕事をしてくれているのかは、ちょっと疑問です。


不動産会社に高額な仲介手数料を払う価値はあるのか。マンション売却を依頼した際、業者がしてくれることを一覧にしてまとめてみます。


●物件の査定をする
まず、マンションがいくら位で売れるのか査定をしてもらわなければはじまりません。自分のものを売るわけなので、勝手に決めてもいいんですが、価格が高すぎるといつまで経っても売れないし、安すぎると損をしてします。

買ってくれる人が出てくる中で、できるだけ高い金額。その額を導きだすには、プロの査定が必要です。


●売り出し価格を決める
売り出し価格は、不動産業者が勝手に決めるわけではありません。売り主とよく相談した上です。査定額、売り主の希望の金額、これならいけるという額で販売がスタート。この額を決めるのが、素人には難しいんですよね。


●販売活動をする
販売活動...買い主をみつけてくること。やはり、これが不動産会社に期待するメインの仕事です。

広告、チラシなとの宣伝活動、レインズへの登録、自社の顧客の紹介。


個人ではできない販売活動をしてくれるのが、不動産会社の大きなメリットです。高く買ってくれる人さえ見つけ出してくれれば、仲介手数料も惜しくないところですが...


●購入希望者と交渉する
自分のマンションを買いたいという購入希望者と交渉です。売り主は高く売りたい、買い主は安く買いたい。直接交渉するとまとまらないかもしれません。

ここは、間に第三者が入ることによって、条件交渉がスムーズににいきやすいでしょう。


●買い主に物件説明をおこなう
重要事項説明というのは、法律上の義務になっています。買い主に十分、物件説明をすることで、後々のトラブルを防止します。


聞いてなかった!なんて苦情が後から出てくると面倒ですからね。その辺の責任は、不動産会社さん、気が楽です。


●契約手続きのサポートをする
売買契約書を作成して、契約手続きのサポートをします。人間社会、全ては契約。

契約手続きは、重要です。専門知識がのあるプロに任せるのが安心です。


●引き渡し手続きのサポートをする
代金の決済、現地の立会い、引き渡し手続きのサポートをします。


●法律、税金のアドバイス
マンションを売るなんてあまり経験のないこと。法律関連、税金関連のことは、よく分からない部分だったりします。

自分で調べれば分かるんでしょうが、不動産屋さんから法律、税金のアドバイスを受ける方が、てっとりばやく間違いもないでしょう。


この辺りが普通の不動産会社に依頼して受けられるサービスです。不動産会社によって、違いが出てくる場合もあるので、確認が必要です。


不動産会社は、マンションを売却する際のパートナー。一から十までホローしてくれるといった感じですね。


これだけの仕事が、仲介手数料に見合ったものかは、それぞれ判断するところですが、百万オーバーだと、高い気がしちゃいます。売れなきゃ儲けは、0円なので仕方がないのかもしれませんが、仕事をした分お金を払うという方式の方が、分かりやすいんですけどね。


関連記事

アメリカでは禁止!売り手に不利な「両手仲介」がまかり通っている?
行政処分を受けたことがある?不動産会社の情報を調べるには?
不動産業界のダークサイド「三大悪癖」とは?要注意な悪徳不動産屋
不動産屋に払う仲介手数料はいくら?無料の場合も?!
不動産屋との契約「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」の違い



↓不動産売却するならまず比較!




現代日本のマンション事情

 

マンションを高く売るための知識

 

売る理由ごとのポイント

 

知らないと損する!不動産屋業界の裏側

 

マンション売却こぼれ話

 

クレジットカード 選び方