マンションを高く売るための知識

マンション売却時にかかる消費税は?10%になる前に売った方がいい?


消費税増税...2014年の4月から、8パーセントになり、2019年10月から10パーセントに引き上げられる予定です。


本来なら2015年10月1日に10パーセントになるところ、景気のことを考え、先送り。次は、リーマンショックのような事態がおこらないかぎり、確実に増税になるようです。


そこで気になるのが、マンション売却時の消費税です。消費税が上がる前に売却したほうがお得なのか、変わらないのか。


買う側もできれば安い方がいい。もし購入価格に消費税がつくなら、2パーセントといっても、かなりの額です。

1000万円の2パーセントなら20万円。5000万円なら、100万円です。


100万上乗せされることで、買い手も減ってしまうかもしれません。中古マンション売却の消費税はどうなっているんでしょう。


不動産売買の消費税


不動産売買時の消費税は、土地と建物で違っています。


土地売買の場合、非課税取引。消費税はかかりません。

まぁ、土地は消費されるものではありませんからね。


建物の場合、課税の対象になります。ただし、売り主が事業者、不動産会社などの場合。

個人の場合は、非課税、消費税はかかりません。


※国税庁の規定で、「国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡等」が、消費税の課税の対象となっています。


個人なら、マンション売買時、一円も消費税を払わなくてもいいかというと、そうではありません。売り手、買い手ともに消費税がかかるお金があります。


●売り手側


売り手の場合、不動産会社に払う、仲介手数料に消費税がかかってきます。


8パーセントから10パーセントに増税されるとどれくらい違ってくるのか。4000万円の物件の場合をみてみると...


○消費税8パーセントの場合
仲介手数料は、3%プラス6万円。4000万円の3%で、120万円で、6万円足して、126万円。これに、1.08をかけると136.08。税込みで、136万800円の仲介手数料になります。


○消費税10パーセントの場合
仲介手数料は、3%プラス6万円。4000万円の3%で、120万円で、6万円足して、126万円。これに、1.1をかけると138.6。税込みで、138万6000円の仲介手数料になります。


2つの差は、2万5200円。消費税が上がると、2万5200円余分にお金を支払う必要があるということですね。


●買い主側


買い主からすると消費税がかかってくる費用が結構あります。

住宅ローン手数料、保証料、登記費用等などです。


売り主からすると消費税が10パーセントになっても2、3万円くらいの差ですみますが、買い主はもっと差があることになります。


できるだけ安くマンションを購入したい人は、やはり、10パーセントになる前。増税前は、需要が高まるということ。


お客さんが多いほうが高く売却できる可能性も高い。消費税増税前に、売ってしまうことを考えた方がいいかもしれません。


不動産の価格表示


総額表示方式という言葉をご存知でしょうか。消費税を含んだ額の価格を表示する方式のこと。


2004年4月1日より前は、税抜き価格表示(外税表示)もありだったのが、法律改正で総額表示が義務になりました。


ところが、現在はまた、税抜き価格で表示がゆるされています。消費税が2段階で増税されることになり、値札の貼り替えなどの事業者の負担を減らすためです。
※「消費税転嫁対策特別措置法」という特例で期限がある。


税抜き価格って分かりにくいんですよね。レジを通してみないと正確な額がわからない。いちいち頭の中で計算するのも手間です。


税抜き価格で表示した方が、安くみえて物が売れやすいんでしょうが、消費者からするとあんまり
メリットはないような気がします。どうせ払うんですからね。


ただ、不動産は例外。不動産の価格表示は、「消費税転嫁対策特別措置法」施行後も改正されず、総額表示方式になっています。消費税及び地方消費税が課されるときは、その額を含めて表示しなければいけないんです。
※「不動産の表示に関する公正競争規約施行規則」第10条


金額が高い分、間違えのないようにということもあるんでしょうか。表示されてる価格で比較ができる。シンプルで非常に分かりやすいです。


関連記事

売却価格を下げる前のチェックポイント | 値下げ時期・値下げ幅
空き家にしてから売るのがいい?近所にばれずに売却できる?
税の控除 | マンションの売却益の税率は5年で半分に?
売買契約書に出てくる危険負担・瑕疵担保責任とは?
不動産流通標準情報システムREINS(レインズ)とは?登録は義務?



↓不動産売却するならまず比較!




現代日本のマンション事情

 

マンションを高く売るための知識

 

売る理由ごとのポイント

 

知らないと損する!不動産屋業界の裏側

 

マンション売却こぼれ話

 

クレジットカード 選び方