マンションを高く売るための知識

決済当日の流れと用意するものは?決済までに準備すること


売買契約がすんだ後。決済までに準備すること、決済当日の流れと用意するものについてまとめます。


決済までに準備すること


○支払う、受け取る金額の確認をします。
売買代金の残金、固定資産税、都市計画税、他精算金がいくらなのかの確認です。所有権が買い主に渡ったのに、管理費が引き落とされるなんてないように。


○必要書類を集めておく。
決済の時何が必要になるのか、通常必要なものは、権利証、印鑑証明、管理組合への届け出資料などです。引っ越しをしたのに、登記が前の住所のままの時、住所変更登記に住民票が必要になります。


探してみて、一番重要な権利証を紛失していることが分かるケースもあります。

その場合司法書士が本人確認をおこない、真の所有者であることを証明します。もし紛失に気付いたら、はやめに司法書士に連絡しておきましょう。


○鍵、マンションに関する書類の準備。
決済時、いろいろなものを買い主に渡さなければいけません。鍵はもちろん、各種設備の取り扱い説明書、管理組合の総会資料などもまとめておきましょう。

各種設備の取り扱い説明書の量が多い場合、マンションに置いたままにしておいてもいいです。次に住む人のこともしっかり考えて引き継ぎたいところです。


決済当日の流れと用意するもの


●用意するもの


○権利証
○実印
○身分証明書(運転免許証、保険証)
○印鑑証明書
○公課証明、評価証明(マンションの評価を証明する書類)
※不動産屋さんが用意します。
○鍵
○引き渡す書類
○他、司法書士、不動産屋から指示されたもの


○お金
決済当日必要なお金は、司法書士への報酬と、不動産屋への仲介手数料の残金。あと振り込み手数料が必要な場合があります。


振り込み手数料とは、売買代金の銀行への振り込み手数料ですね。大した額ではありませんが、買い主が負担してくれても...なんて思っちゃいます。ただ振り込みは、売り主の都合で希望する口座に振り込んでもらっているわけで、売り主が負担するということになっています。


決済当日、何か足りないものがないよう、しっかり用意すましょう。


●決済当日の流れ


○司法書士さんへ必要書類を渡します。書類に記名押印する。
○司法書士さんが書類を確認した後、売買代金の授受。領収書を渡します。
○鍵、その他引き渡すものを渡します。
○司法書士さんへの報酬、不動産屋さんへの仲介手数料を支払います。


決済は、買い主が住宅ローンを借りる銀行でおこないます。その方が何かと都合がいいからですね。


かかる時間は、1時間から1時間半くらい。振り込み手続きや振り込んだお金の確認に時間がかかるからです。ATMなら一瞬なのに、人間が介すると時間がかかるんですよね。まぁ、金額の大きい取引、そうサクサク終わってしまっても、何か不安ですが...


場合によって、担保としてついていた抵当権の抹消書類を住宅ローンを借りていた銀行まで取りに行かなければならない場合もあります。


決済当日、何百万、何千万円とうお金が動くわけですが、現金は出てきません。通帳上のお金が動くだけ。それで、マンションの売買が成立するんだからちょっと不思議です。


現金が必要という方、もちろん、この日に現金を受け取ることもできます。

ただ、あらかじめ銀行に伝えておく必要があります。銀行って、そんなにたくさん現金を置いてないので、マンションの売却代金を用意できないんですね。銀行なのにお金がない...これも不思議です。


決済が完了したら、自分の口座の記帳をして、ちゃんと売買代金が振り込まれているか、ローンの一括返済ができているかを確認しますよう。


問題なければ、マンション売却すべて終了になります。問題なくここまでたどりつきたいものです。


関連記事

売りたい中古マンションの相場を知るには?自分で調べる方法
売買契約当日の流れと用意するものは?売買契約完了後にすること
不動産流通標準情報システムREINS(レインズ)とは?登録は義務?
中古マンションを買取業者に売るメリット・デメリット
マンション売却時の費用「決済時」に受け取れるお金と支払うお金は?



↓不動産売却するならまず比較!




現代日本のマンション事情

 

マンションを高く売るための知識

 

売る理由ごとのポイント

 

知らないと損する!不動産屋業界の裏側

 

マンション売却こぼれ話

 

クレジットカード 選び方