マンションを高く売るための知識

売りたい中古マンションの相場を知るには?自分で調べる方法


これからマンションを売却しようと考える人がまず知りたいのが、いくら位で売れるのか?そのマンションの相場です。


不動産屋さんに連絡すれば分かりますが、向こうの言う値段をそのまま鵜呑みにしてしまうのも危険です。できれば不動産屋に聞く前に、自分で調べて知っておきたいところ。何か相場を知る方法はないんでしょうか。


チラシで相場を知る

これだけネットが普及しても、チラシはいい宣伝媒体。簡単にはなくなりません。チラシから相場を知ることもできます。


チラシに売ろうとしているマンションの物件が売りに出ていたらかなりの参考にできます。間取りが同じで広さも同じなら、そのままつかえますが、広さが違う場合少し計算が必要です。


チラシにのっているマンションの価格を面積で割って、一平米あたりの単価を出し、自分のマンションの平米数を掛けます。これで、自分のマンションの価格がでます。例を出してみてみましょう。


チラシの物件が、70平米(70?)で、2100万円で売りに出されていた場合、70で割ると一平米あたり30万円になります。


自分の物件が、60平米なら1800万円、80平米なら2400万円、ぐらいになるということが予想できるわけです。


参考にする物件が1件より複数あった方が正確になります。それぞれの一平米あたりの単価出し、平均を出して計算します。


ただ、こちらが売ろうと思ったタイミングでは、チラシが入らないし、同じマンションの物件が載るとは限りません。


普段からチラシをみて、とっておくことが必要になります。


インターネットで相場を知る


もちろんネットも活用できます。特にチラシを集めてない、手に入らない場合は役立つでしょう。


どうやって調べるかですが、マンション名(同じ名前のマンションもある場合、地名も)を入力するだけでいいです。これで現在、あるいは、過去の売り出し物件のデータがみつかることがあります。


単価を計算して自分のマンションの値段の相場を導き出しましょう。


※チラシに出さず、ネットだけ載せている物件もあります。


チラシやネットから得た情報でおおよその値段が分かったとしても、それは、あくまで参考です。同じマンションでも階数、向きなんかでも価格は違ってきます。


それにデータは売り出し価格であって、実際に売れた成約価格ではありません。実際には、もっと低い額でしか売れていない可能性もあります。


あくまで判断材料の1つです。不動産屋さんと交渉する際、自分で調べた価格にこだわりすぎてもいけません。


そのデータがいつのものかというのも重要です。古すぎると参考にはなりません。いつのデータかということもちゃんとチェックしましょう。


不動産情報サイトを活用する


不動産情報サイトで相場を調べるという手もあります。不動産の一括査定を依頼できるサイトはいくつもあります。同時に何社からも査定がとれるので便利ですが、査定の前段階で簡単な相場情報を調べられるところもありました。

アットホームやスーモ関西版なんかのWEBサイトです。マンションの売却価格の相場を簡単に試算できるページがありました。


都道府県名、最寄りの沿線、最寄り駅、駅から何分、築年数、専有面積を入力し、ボタンをクリックするだけで価格が出てきます。


メールとか登録するわけでなく、サイトに入って誰でも利用できます。面倒がなくていいですね。おおよその値段ですが、これも参考の1つになるでしょう。


余裕がある方は、
○国土交通省が提供する不動産価格指数、
○日本不動産研究所が提供する住宅価格指数、
○指定流通機構(東日本不動産流通機構、中部圏不動産流通機構、近畿圏不動産流通機構、近畿圏不動産流通機構、西日本不動産流通機構)が提供している取引動向情報
をチェックしてみても参考になるかもしれません。情報はたくさんあった方がいいですからね。


関連記事

マンション・不動産を売却する時の流れを把握しておこう!
売却価格を下げる前のチェックポイント | 値下げ時期・値下げ幅
空き家にしてから売るのがいい?近所にばれずに売却できる?
税の控除 | マンションの売却益の税率は5年で半分に?
中古マンションを買取業者に売るメリット・デメリット



↓不動産売却するならまず比較!




現代日本のマンション事情

 

マンションを高く売るための知識

 

売る理由ごとのポイント

 

知らないと損する!不動産屋業界の裏側

 

マンション売却こぼれ話

 

クレジットカード 選び方