マンションを高く売るための知識

空き家にしてから売るのがいい?近所にばれずに売却できる?


このページでは、マンションを売るときによく出てくる2つの疑問、


売るときは空き家にしてからがいいのか?
近所にばれないように売却できる?


にお答えします。


売るときは空き家にしてからがいい?


マンションを売る際、住んでいても売れるのか?空き家にしなくてもいいのか?ですが、居住中でも売ることができます。というか、住みながら売るというケースが多いのが現状です。

売れるのが決まってから、住み替える人が多いですからね。


ただ、居住中のマンションを売る場合、内覧の際に注意が必要です。


空き家の場合だと、マンションの鍵は不動産屋さんに預けます。内覧希望者がいた場合、好きな時間に自由にみてもらえます。


住んでいる状態だとそういう具合にはいきません。売り主立会いの元、内覧をおこなう必要があるからです。

自分が留守でも、勝手に合鍵でみてもらってもいい...なんて考えちゃいますが、それはダメです。何かものが無くなったなんてトラブルにもなりかねないので、売り主が立ち会うことになっています。


必ず事前に不動産屋から連絡がありますが、出来る限り、内覧してもらうようにしましょう。内覧にきたいということは、買い主さんが自分のマンションに興味を持っているということ。見てもらわなければ、売れるものも売れません。


また、後日...というのは、買い主さんの都合。別のマンションの内覧にいき、そのマンションに決めてしまうかもしれません。売れるかもしれないチャンスは、逃さないようにということです。


そのために、不動産会社、担当者には、いつでも連絡のつく携帯電話、メールの番号を教えておくことと、自分が都合がつかない場合、立会いを頼める人を用意しておくことです。


空き家でない分、少し手間が入りますが、それは仕方のないところです。


近所にばれないように売却できる?


事情があって、近所の方には内緒で売却したいという人もいます。それは、可能なんでしょうか。


売れにくくなりますが、可能です。

近所の人にバレる原因で大きいのが新聞に入る折り込みチラシ。ここに掲載されるとマンションの入居者の誰かが気づき、知れ渡る可能性がたかまります。


チラシにのせないよう頼むことができます。そのチラシをいれる地域を、ある程度限定することもできるようですが、物件がそのマンションだけでないなら、むずかしいでしょう。他の物件の売り主さんは、できるだけたくさんの人にチラシをみてもらいたいわけですからね。


チラシには、ポスティングのチラシもあります。こちらは限定することができます。このマンションに入れない、この地域は配布禁止いう指定をすることができるので、活用できるでしょう。


ポスティングのチラシって、見ずに捨てちゃう人ばかりなんでしょうが、中にはちゃんとチェックする人もいますからね。


宣伝にはインターネットもあります。ネットの広告は、探している人が手に入れる情報。ネットに載せるのは、ばれにくいといえます。


ただ、誰かの目にはとまるわけで、その人が近所の人に教えてしまうかもしれません。ばれる可能性がゼロではないですが、それは仕方ないですね。

後、オートロックのエントランスで、不動産会社が名乗ることでバレてしまうケースがあります。「〇〇不動産のものです」...エントランスに近所の方がいると、聞こえちゃうんですね。


あらかじめ、会社名をいわず、名前だけ名乗るように念をおしておきましょう。


とにかく、絶対バレたくないという場合、広告一切不可ということもできます。これだと売れないんじゃないか...だったら意味が無いという話ですが、その場合でも、店頭にきたお客さんに紹介するという方法は残されていいます。


店にきた人だけならバレることはほぼ皆無。これなら安心です。ただ、その分買い手になる可能性の人が減り、確実に売れにくくなるという覚悟が必要です。近所に秘密にするために、売れにくくなってもいいのか、考えどころです。


関連記事

マンション・不動産を売却する時の流れを把握しておこう!
売りたい中古マンションの相場を知るには?自分で調べる方法
売却価格を下げる前のチェックポイント | 値下げ時期・値下げ幅
売買契約当日の流れと用意するものは?売買契約完了後にすること
決済当日の流れと用意するものは?決済までに準備すること



↓不動産売却するならまず比較!




現代日本のマンション事情

 

マンションを高く売るための知識

 

売る理由ごとのポイント

 

知らないと損する!不動産屋業界の裏側

 

マンション売却こぼれ話

 

クレジットカード 選び方