マンションを高く売るための知識

マンション売却時の費用「契約時」に受け取れるお金と支払うお金は?


中古マンションを売却する側といっても、お金を受け取るだけでなく、支払うべきお金もあります。「契約時」のマンション売却時の費用についてまとめてみます。


契約の時に受け取れるお金


○手付金


契約の段階で手に入るお金は、手付金です。マンションの買い主から、売買代金の1割くらいの金額を受け取れます。

売買代金が4000万円なら、400万ということですね。残りの残金は、決済時。買い主は、手付金の400万円を引いた、3600万円を決済の時支払います。


契約の時に支払うお金


まず、売り手が支払う費用とゆうのは、物件の買い手がみつかり、契約する段階になってから必要になります。


もちろん、売却前にリフォーム、修繕する場合は、その代金が必要ですし、特別な宣伝を不動産業者に頼むとその料金がかかります。一般的に、業者に頼み、マンションを売る場合です。


○印紙代


売買契約書には、印紙貼らなけらばいけません。税法で決まっています。あの切手みたいなやつでしょう、たかがしれてる...と思っちゃうところですが、売買代金が高いほど、印紙税額が高くなります。契約の金額と印紙税額の関係をちょっとみてみると、

・1万円未満、非課税。
・10万円以下、200円。
・10万円を超え50万円以下、400円。
・50万円を超え100万円以下、1000円。
・100万円を超え500万円以下、2000円。


この辺は、まだ大したことないですが、マンション売却には、関係がない金額ですね。


・500万円を超え1千万円以下、1万円。
・1千万円を超え5千万円以下、2万円。
・5千万円を超え1億円以下、6万円。


この辺がマンション売買に関係してくる金額。印紙代としてこれくらいかかるというのは、把握したおきましょう。


この後の金額もみてみると


・1億円を超え5億円以下、10万円。
・5億円を超え10億円以下、20万円。
・10億円を超え50億円以下、40万円。
・50億円を超えるもの、60万円。


です。最大、60万円!切手みたいな紙に、60万円も出すって不思議な感じです。金額が高いからといって、高価な紙を使っているわけではないですからね。


この印紙は、契約時には、不動産会社が立て替えておいてくれ、印紙の領収書と引き換えに、代金を払います。


○仲介手数料の半金


不動産屋さんに支払う、仲介手数料ですね。仲介手数料は、法律では、全ての取引が完了した後で支払うものとなっていますが、契約時に半金、決済時というのが、通例になっています。


※制約価格の3.15パーセント+6万3千円が仲介手数料の上限です。


契約時には、手数料が用意できない場合、決済時に一括で支払うということも可能なようです。不動産屋さんにきいてみましょう。


○手付金領収書の印紙代


売り主が個人の場合、印紙は不要ですが、法人になると必要になります。契約書の印紙代とは、また違っているので、参考にのせておきます。


・3万円未満、非課税。
・100万円以下、200円。
・100万円を超え200万円以下、400円。
・200万円を超え300万円以下、600円。
・300万円を超え500万円以下、1000円。
・500万円を超え1千万円以下、2000円。
・1千万円を超え2千万円以下、4000円。
・2千万円を超え3千万円以下、6000円。
・3千万円を超え5千万円以下、1万円。
・5千万円を超え1億円以下、2万円。
・1億円を超え2億円以下、4万円。
・2億円を超え3億円以下、6万円。
・3億円を超え5億円以下、10万円。
・5億円を超え10億円以下、15万円。
・10億円を超えるもの、20万円。


契約書よりは、少し安めの金額ですね。手付金だけでなく、売買代金の受け取りの領収書にもこの金額の印紙を貼ることになります。


関連記事

売買契約書に出てくる危険負担・瑕疵担保責任とは?
不動産流通標準情報システムREINS(レインズ)とは?登録は義務?
中古マンションを買取業者に売るメリット・デメリット
マンションは貸すより売るほうがいい?貸すことのリスクとは?
マンション売却時の費用「決済時」に受け取れるお金と支払うお金は?



↓不動産売却するならまず比較!




現代日本のマンション事情

 

マンションを高く売るための知識

 

売る理由ごとのポイント

 

知らないと損する!不動産屋業界の裏側

 

マンション売却こぼれ話

 

クレジットカード 選び方