現代日本のマンション事情

東京都内で人気の区・エリアは?資産価値が落ちにくい場所は?


出生率が低下し、日本の人口が徐々に減っている中で、東京の人口が増えているのは、ご存知だと思います。ただ、それも2020年がピーク。後は減少していくと予想されています。


人口が減るということは、マンションの需要も減るわけですが、実は2020年以後も人口が増えると予想されている区があるんです。それが...、


港区です。



2010年の人口が100としたとき、2025年の指数は、107.9、2040年の指数は、105.2です。(国立社会保障、人口問題研究所の予想)まぁ、港区は人気のエリアですが、人気があるところは他にもあります。資産価値を下げたくないという場合は、、港区の物件かもしれません。


港区以外では、渋谷区、目黒区、世田谷区、文京区あたりが、価格が落ちにくいといわれている区です。


区といっても広く、いろいろなエリアに分かれています。その中でも、人気のあるエリアをみてみましょう。


●港区麻布 渋谷区広尾

大使館が多い高級住宅街。この辺りのマンションは、できてからかなり時間が経っているものでも、新築分譲時の価格以上で売れたりします。


広尾ガーデンヒルズというヴィンテージマンションは、築30年でも価格が下がっていなかったりします。

すべてのマンションがこうだとありがたいんですが...


●港区青山

青山は、流行の最先端。価格が下がりにくいエリア。2020年の東京オリンピックに向け、国立競技場が新しく建てなおされます。他のスポーツ施設も開発されるようで、オリンピック以後も何かと利用されるでしょう。この、表参道、外苑前、青山一丁目あたりは、資産価値の高いエリアです。


●渋谷区松濤
著名人が住んでいる高級邸宅が多いエリア。日本のビバリーヒルズと呼ばれています。


●渋谷区代官山

いわずと知れた代官山。緑もある高台の雰囲気のいいエリア。一度住んでみたい憧れの場所です。代官山駅から徒歩一分、代官山アドレス ザ・タワーというマンションは、完成が2000年なのに、坪単価は400万円から600万円以上。人気は衰えていません。


このあたりのエリアが、坪単価300万円から400万円以上の、東京都心でもワンランク上のエリア。


少し落ちて、坪単価250万円から350万円以上のエリアをみてみましょう。「落ちて」と書きましたが、それでも相当高いですが。


●港区白金台
白金台...誰がつけたんでしょうか、名前だけで高級感があります。ずっと交通の便がネックでしたが、2000年に白金駅ができてそれもなくなりました。


●文京区大和郷エリア
大和郷とは、文京区本駒込6丁目の高級住宅地のことをいいます。


坪単価200万円から300万円以上のエリアが、
●目白エリア
●茗荷谷エリア


坪単価200万円以上のエリアが、
●大塚、巣鴨、駒込エリア


準都心で、坪単価200万円から300万円以上のエリアは、
●目黒区自由が丘
●世田谷区成城
●大田区田園調布
自由が丘、成城、田園調布...東京に住んでいない人もどんなところか知っているような場所です。ちなみに、成城石井の本店は、成城にあったりします。


準都心で、坪単価200万円以上のエリアは、
●学芸大学 都立大学エリア
●桜新町 用賀エリア
●世田谷区上野毛 世田谷区等々力
●武蔵野市吉祥寺
●三鷹エリア


こうやってみると東京は、どこもかしこも高いなぁ...と思っちゃいますね。高い買い物な分、将来価値が落ちる物件は避けたいところですが...。東京はどうなっていくのでしょう。


要注目の品川エリア


その他で、資産価値の上昇を期待されているのが、品川エリアです。山手線、東海道線、横須賀線、京浜東北線、京浜急行線が乗り入れているところに、新幹線が停車するようになりましたが、さらに増えます。


そうあの、リニアモーターカーです。リニアモーターカー、いわゆるリニア中央線の始発駅に決定しているのが品川なんです。


開通はまだ先ですが、完成すると品川、大阪が約1時間。品川、名古屋が約40分。毎日通えてしまうくらいの時間ですね。


人がどんどん流入すれば、需要が高まる。将来、その価値が跳ね上がるかもしれませんね。


ちなみに、山手線田町」駅と品川駅の中間に新駅も誕生します。開業予定は2020年。開発が進み、さらに発展するでしょう。


関連記事

こんなマンションは人気があって売りやすい!高く売れる条件とは?
今後は空き室率が高くなりマンションが売れなくなる?!その理由は?
東京都心のマンション価格は?湾岸エリアは東京五輪の影響で建築ラッシュ!
マンションの寿命は何年くらい?コンクリートの寿命は?
リゾートマンションがタダ同然で手に入る時代?!



↓不動産売却するならまず比較!




現代日本のマンション事情

 

マンションを高く売るための知識

 

売る理由ごとのポイント

 

知らないと損する!不動産屋業界の裏側

 

マンション売却こぼれ話

 

クレジットカード 選び方